FC2ブログ
三重県鈴鹿市南玉垣町の学習塾、村田塾のブログです。
塾に来ると、テンションあがるんさなー。
三重県鈴鹿市南玉垣町の村田塾です。

日は差していますが、空気は冷たい鈴鹿市です。

中学生、高校生は学年末テストの真っ最中。
白子中学校は、週明けからの3連戦。
中3生は、後期試験までの混沌とした時を過ごし、
高3生は大学受験のため、東へ西へ。

小学生は‥にこにこな感じですかね。
うちの小学生さんたちは、
宿題忘れもほぼなく、
内心どうなのかわかりませんが、
塾にいる間は、にこにこ勉強しているイメージです。
「塾に来ると、テンションあがるんさなー。」
とは、小5男子君のおことば。

うちの小学生さんたちは、現在、
小3生から6年生まで、
玉垣小学校、桜島小学校、旭が丘小学校の
みなさんが在籍しています。

小学生は、少人数コースに在籍し、
学習します。
講師1名につき、3名程度までの生徒さんの
学習を見守っています。

曜日や時間帯によっては、
中学生のお兄さん、お姉さんたちと
一緒になる時間もなることもありますが、
それに慣れてくると、
「あの人受験か、大変やな。」
などと、‘人間観察’が始まります。

結果、
「早く高校受験を終わらせたい!
大変なことは、早く済ませたい!」
などと言ってみたり。

‥まだ5年生やで
‥兄ちゃんの受験もまだ始まってもないのに‥

それはさておき、
中学生や高校生と
直接関わることは少ないのですが、
小学生は好奇心旺盛なので、
周りの人たちを観察しながら、
いろいろ考えてるようです。

中学生って、部活しんどいんやな、とか、
高校入試って、ちゃんとやらないとだめなんやな、とか、
あの高校生の制服、かわいいな、とか、
内容は様々ですが、
考えるきっかけになっているようですね。
いろいろ考えて、自分の進路を考えるきっかけに
つながるといいですね。

村田塾では、小学6年生を中心に、
無料体験授業を行っています。
小学校の卒業式以後、中学校の入学式まで、
3週間あまりあります。
その期間を利用して、
中学校の英語、数学などを
先取り学習をしておくと、
入学後の不安もやわらぎますね。

無料体験授業のお申し込み、
お問合せはお電話、
または、この画面の右側にある、
お問合せフォームから
受け付けております。
よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト



『半分かー』
三重県鈴鹿市南玉垣町の村田塾です。

暑い‥。

暑い鈴鹿市です。

今日から7月です。

早いもので、今年も後半に入りましたよ。

そして、昨夜の中2生のお言葉。

(1年中間テストからこれまでの成績を見比べながら‥)

『もう、半分かー』

最初、意味がわからなかったのですが、
中学校生活の中で定期テストの回数が、
ほぼ半分終わったのか、という意味だったようです。

特に、公立入試の前期試験での
合格を目指す彼にとっては、
3年2学期末までの成績が大事。

ともなると、
『もう、残り半分か』という思いが
強かったようです。

そうやって、自覚できている生徒さんは、
大きく崩れることなく、
入試に向かって行けます。

部活動も大変だけど、
その調子でがんばりましょう。

無料体験授業は、
随時、ご参加いただけます。
お気軽にお問い合わせください。
「手がちぎれそう」
三重県鈴鹿市南玉垣町の村田塾です。

木曜日は、基本、休講日ですが、
振替授業、テスト対策などもあり、
今日もひっそりと開いていました。

‘中の人’(このブログを書いている人のこと。)は、
中学生、小学生を担当しているので、
彼らの話がメインになりますが、
村田塾は、高校生も対象となります。

最近、入塾した高校生が、
毎日のように自習室に来ています。

高3生だもの。
受験生だもの。

声はあえてかけませんが、
毎日の積み重ねが、力になるぞ。
がんばれ。

高校入試も中学入試もそう。

毎日の積み重ねもないのに、
思うように受験なんて、
クリアできるはずがない。

「手がちぎれそう」
と思わずつぶやいた中学生は、
それなりの結果を叩き出してます。

村田塾は、
なんとか今を抜けだしたい、
なんとか自分が思うようなところを目指したい、
と自分で考え、行動する人を応援します。
完全勝利。
三重県鈴鹿市南玉垣町の村田塾です。

朝から終日、天気がよい鈴鹿市でした。

今日は、三重県公立高校、
後期試験の合格発表日。

朝9時半に発表になり、
その時間にあわせて、
塾のほうに待機した1日でした。

木曜日は本来ならば、
休講日のため、
今日は授業もない中、
ひたすら連絡を待つ、という1日でした。

毎年、
『○時までに必ず連絡を!』
と生徒さんたちに
明確に伝えていないため、
非合理的な感じもしますが、
‘連絡する気になってくれるまで待とう’
というスタイルが、
ふだんの村田塾のスタイルが表れていて、
うちらしいなとも思います。

今年の中3生たちは、
がりがり勉強するタイプでもなく、
心配をした時期もありましたが、
夏以降、だんだん受験生らしくなっていきました。
(そうじゃないと困りますが。)

勉強以外の、マナー面もしっかりしており、
同級生を思いやれる子が多かったですね。
今日、久々に話をしてみて、
それは強く感じましたね。

そんな彼ら彼女らだからこそか、
今日の合格の報告にも、
ていねいさが表れていました。

今年は早々に連絡をくれたり、
まず先に立ち寄ってくれたり、
午前、午後と
合格の連絡に来てくれる子が
絶えませんでした。

たどりーぬ先生の差し入れもあり、
合格した生徒さんたちと一緒に、
アイスを食べながら、談笑。

まだ入学が決まったばかりなのに、
すでに、‘自分の高校自慢’。
すでに、女子高生気分♪

皆に、
‘受験勉強はきつかったか?’
と聞くと、
‘きつかったー’と。

それなりにきつかったようですね。

人生初の、壁に立ち向かったのですから、
きつくて、あたりまえ。

今年のメンバーは、
直前で体調崩したり、
『俺はこれでいいのか』と不安になったり、
数学ができず、泣いちゃいそうになったり、
今、思えば、
不安な時期もありましたな。

でも、これからもっときついことがあります。

なんともならんわー、と嘆く日もあるでしょうが、
そのときは、ここで過ごしたことを思い出し、
‘ああ、あのときもえらかったな。
 でも、結果オーライやったな。ふふっ。’
と笑ってもらえたらいいなと思います。

今日の生徒さんの一言。

『完全勝利。』
(ダダダっと走ってきて、ぱっと紙を広げるイメージでどうぞ。)
寝ろ!
三重県鈴鹿市南玉垣町の村田塾です。

夕方から、雨脚も強かった鈴鹿市です。
こんな日は自習室もがらがら。


‥が、午後7時になり、
中3生徒さん登場。

いわゆる進学校を受ける、
うちのエース君のうちの1人です。
授業がある妹さんと一緒でした。

‥あ、目が泳いでる‥(p_-)

エース君の目は泳いでいます。

話を聞くと、
『ここまで過去問などたくさん解いたが、
 ‘自分で言うのもなんだけど’ほとんどできる。』

とのこと。
問題ないやん、と返そうとしたところ、

『でも、本当にこれで大丈夫なのなか、と
 心配になって』

『何か、言葉をもらおうと思って、来ました!!』

とのことでした。

おお。

今日は少人数コースだけの日。

授業の流れの合間を見て、
各先生方のところに出向くエース君。

‘中の人’はとりあえず、

‘君が合格しなければ、だれが合格するのだ’

‘もう一人のエース君は
 この間『俺はたぶん2番目に賢い』と話してたけど、
 たぶん、彼が認める1番目に賢いやつは、
 あんたやで、○○君’

と声をかけて終わりました。
(暑苦しい。)

その後は、もう一人の先生から、
学問的なアドバイス。

最後に塾長のところへ
行ったようです。

塾長からは、

『お前にかける言葉はない。』
うんぬんかんぬん。

やるだけのことはやったし、
もうあとは、試験を受けるだけなので。
そういうことですよ。

そして、その場にいたのが、
高校生のしょうへいちゃん。
うちに在籍してそろそろ7年目を迎える
ベテランさん。
少人数コースの授業を、
塾長とマンツーマンで受けていたところでした。

迷える中3生が登場すると、
必ず、そこに居合わせるしょうへいちゃん。

去年は、
『やるだけのことをやったんなら、大丈夫。』
と言葉をかけてくれました。

今年も、迷えるエース君に声をかけてくれました。

『寝ろ!』

と。

え? (・・?

と我々も耳を疑いましたが、
それもそうですよ。
あれこれ考えてさまようよりも、
寝てしまった方がいい、午後8時。

しょうへいちゃん、的確だな。

この言葉を聞いて、
エース君もほっとしたと思います。
ちょっと気も紛れたような雰囲気で
帰って行ったようでした。

これまで慌てることもなく、
自分の目の前にある課題を
着々とこなしたエース君。
たぶん、不安を感じる暇もなかったのでは。

卒業式も終え、
昼間、1人で家にいると
急に不安になったのでしょう。

でも、大丈夫。
塾にくれば、何かしら、
道しるべになるようなものが
見つかるし。

しょうへいちゃんもそうでした。
『家におってもしょうがないから、
塾行ってくる』
と、高校受験前は、
よく言っていたようです。

みんな、同じ道をたどるんです。

もう寝てると思うけど、
不安だね。

でも、また太陽がのぼったら、大丈夫。
溜めに溜めた力を出し切ってください。

中3生、がんばれ。
そして、来週木曜日に笑顔で会いましょう。